/

北海ブレント、11年半ぶり安値 一時34ドル台

(更新)

【ロンドン=黄田和宏】6日の原油市場で、国際指標のひとつである北海ブレント原油先物が大幅安となり、期近物が一時1バレル34.56ドルまで下落した。前日に比べて約5%の下落で、2004年7月以来、11年半ぶりの安値を記録した。サウジアラビアとイランの間で緊張が高まり、有力な産油国である両国が原油価格の安定に向けて協調することが一段と困難になったとの見方が強まった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン