/

韓国外務省、駐韓日本大使呼び出し抗議 教科書検定で

【ソウル=加藤宏一】韓国外務省は6日、日本の中学校の教科書検定で、社会科の教科書に島根県の竹島(韓国名・独島)が日本の領土と記述されたことについて、趙太庸(チョ・テヨン)第1次官が別所浩郎駐韓日本大使を呼び抗議した。外務省はまた、報道官声明で「明白な歴史的事実を歪曲(わいきょく)、縮小、脱落した教科書を検定で通過させる挑発を敢行した」と批判した。

声明は「日本政府が歪曲された歴史観とそれに基づく領土観を日本の成長期の世代に詰め込むのは過去の過ちを繰り返すことと同じだ」と指摘。「(教科書検定で過去の歴史への配慮を盛り込んだ)1982年の宮沢談話、93年の河野談話の精神に戻り、真摯な姿勢で関係改善の努力をするよう求める」と述べた。

一方、昨年の教科書検定の際の声明に使った「糾弾」や「警告」などの表現は今回は用いず、従軍慰安婦問題などで日本の今後の対応を見極める方針をにじませた。今年が日韓国交正常化50年に当たり、両国が関係改善を模索するなか、聯合ニュースは「(批判の)レベル調節を行っているのではないかとの観測がある」と指摘した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン