「米、アジア重視強化を」前国務次官補 CSISシンポ

2016/6/6 21:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社は6日、米戦略国際問題研究所(CSIS)と共催の第13回シンポジウム「激動する東アジアと米国の指導力」を開いた。参加したカート・キャンベル前米国務次官補は米次期政権に対して「アジア重視の政策を強めるべきだ」と述べ「日本や韓国、オーストラリア、フィリピンなど同盟国との連携が軸だ」と呼びかけた。

キャンベル氏は「米国人は21世紀にはアジアが重要だという認識を広く共有している」と説明。オ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]