/

この記事は会員限定です

豪州、26年不況知らず 世界最長を更新

増える移民、内需底上げ 脱・資源頼み

[有料会員限定]

【シドニー=高橋香織】オーストラリア統計局が6日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)は実質で前期比0.8%増となった。景気後退の一般的な定義である2四半期連続のマイナス成長を経験していない期間が104四半期(26年)となり、オランダの世界最長記録を更新。移民流入による人口増と自由貿易協定(FTA)が不況知らずの経済に寄与している。

モリソン財務相は6日の記者会見で「GDP統計は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン