/

周永康氏とは 「石油閥」の中心、江沢民氏が抜てき

周永康氏 中国共産党の前政治局常務委員で、2012年11月まで胡錦濤前政権で序列9位にあった最高指導部の一人。公安・司法分野のトップとして警察機構や武装警察を指揮する強大な権限を握った。国有石油大手、中国石油天然気集団(CNPC)総経理出身。エネルギー政策に影響力を持つ「石油閥」の中心人物として江沢民元国家主席らに抜てきされ、最高指導部に上り詰めた。

親しい間柄にあった元重慶市トップの薄熙来氏の失脚に猛反対し、胡前国家主席や習近平国家主席らの反発を招いた。

石油利権に絡み、側近や親族らが巨額の収賄や不正な利益を得ていたとの疑惑が指摘され、当局は周氏の親族、側近ら300人以上の関係者を拘束して徹底調査。差し押さえた資産総額は1000億元(約1兆9000億円)に上るとされる。

すでに大手国有企業を統括する国務院国有資産監督管理委員会の主任だった蒋潔敏氏や李東生元公安次官など、元側近が相次いで失脚した。

周氏が現在の妻と結婚する際に、前妻を交通事故に見せかけて殺害したとの情報もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン