/

ノーベル物理学賞に梶田隆章東大教授 ニュートリノ研究

2011年9月、ニュートリノに質量があることを突き止めた梶田隆章氏(千葉県柏市の東大宇宙線研究所)=共同

【パリ=竹内康雄】スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を梶田隆章・東大教授ら2氏に贈ると発表した。受賞理由はニュートリノに関する研究。

授賞式はストックホルムで12月10日に開く。賞金800万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)を2氏で分け合う。

梶田 隆章氏(かじた・たかあき)1959年3月9日、埼玉県生まれ。県立川越高、埼玉大卒。81年、東京大大学院の小柴昌俊氏の研究室に進み、カミオカンデ実験に加わった。86年大学院博士課程修了。東京大理学部助手、東京大宇宙線研究所の助手、助教授を経て99年教授。スーパーカミオカンデの建設に携わり、観測時はデータ解析責任者として日米の研究者を率いた。98年6月、岐阜県高山市の国際会議で「ニュートリノ振動の発見」を発表した。2008年4月から東京大宇宙線研究所所長。1999年仁科記念賞。56歳。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン