中国が株価対策 大株主の売買制限など、元買い介入も

2016/1/6 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=土居倫之】中国政府は5日、前日に急落した上海株式相場の下支え策を相次いで打ち出した。上場企業の大株主による株式売却を制限するほか、株安を招いている人民元安を食い止めるために外国為替市場で元買い介入を実施したもようだ。株価の急落にはひとまず歯止めがかかったが、中国経済や元安による資本流出への不安はぬぐえていない。

5日の上海総合指数の終値は前日に比べ0.26%安い3287だった。いったん上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]