2018年10月16日(火)

ノーベル生理学・医学賞に大村智氏 感染症研究

2015/10/5 18:40
保存
共有
印刷
その他

笑顔で記者会見する大村智北里大学特別栄誉教授(5日午後、東京都港区)

笑顔で記者会見する大村智北里大学特別栄誉教授(5日午後、東京都港区)

【パリ=竹内康雄】スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル生理学・医学賞を大村智・北里大学特別栄誉教授ら3氏に贈ると発表した。受賞理由は寄生虫やマラリアなどに関する研究。授賞式はストックホルムで12月10日に開く。

大村 智氏(おおむら・さとし) 1935年7月12日山梨県韮崎市出身。58年山梨大学卒業、同年東京都立墨田工業高等学校教諭。63年東京理科大学修士課程修了、同年山梨大学文部教官助手。68年薬学博士(東京大学)。69年北里大学助教授。70年理学博士(東京理科大)。75年北里大教授。90年北里研究所所長。2001年北里大北里生命科学研究所教授、05年米ウェスレーヤン大学教授、08年北里研究所名誉理事長、13年同研究所特別栄誉教授。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報