/

VW、決算発表と株主総会を延期

【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)は5日、3月10日に予定した2015年12月期の決算発表と、4月21日予定の株主総会を延期すると発表した。ディーゼル車の排ガス不正に関する業績影響の評価に時間がかかるため。米国でのリコール(無料の回収・修理)計画が承認されず、訴訟の費用も読めないことが背景にあるとみられる。

VWは声明で「残った未解決の問題や、排ガス問題に関した業績の評価の計算」を理由に挙げた。あわせて15年12月期のリコール費用など特別項目を除いた営業利益は前の期実績(127億ユーロ=約1兆6630億円)の水準になったとの予想も明らかにした。

VWは昨年12月、排ガス不正の最終報告を株主総会のタイミングで公表するとしていた。総会は延期になるが、報告の公表自体は4月後半で変わらないとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン