2019年7月16日(火)

原油相場、1バレル20ドル台に現実味 OPEC減産見送りで

2015/12/5 23:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ウィーン=黄田和宏】石油輸出国機構(OPEC)が生産枠の議論を棚上げしたことで、原油市場で供給過剰が長期化するとの懸念が強まっている。ベネズエラのデルピノ石油・鉱業相は11月下旬、OPECが何らかの措置を講じないと「1バレル20ドル台半ばに原油価格が下落する」との考えを示したが、こうしたシナリオが現実味を帯び始めた。

OPEC加盟国やロシアなどの非加盟国による増産の継続で、原油市場では日量15…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。