/

この記事は会員限定です

ジャカルタ州知事選、3陣営混戦のまま最終盤 15日投開票

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアの首都ジャカルタのトップを決める州知事選が15日、投開票される。選挙戦終盤まで少数派の中国系キリスト教徒で現職のバスキ氏とユドヨノ前大統領の息子、アグス氏、前教育・文化相のアニス氏が三つどもえの戦いを展開した。東南アジア有数の大都市の顔を選ぶ州知事選は2019年の大統領選の前哨戦でもあり、歴代大統領も巻き込んだ激しい選挙戦となった。

「市民のための政策を実行するに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン