パスワード「頻繁な変更」は逆効果 米調査、生体認証など有効

2016/3/9 13:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=川合智之】企業が従業員にパソコンのパスワードを頻繁に変更するよう義務づけると、かえって安全性が低下することが米国で消費者法制を担う米連邦取引委員会(FTC)と米大学などの調査で分かった。推測可能なパスワードが使われやすくなるためで、FTCのローリー・クレーナー技術責任者は「強制的なパスワード変更は考え直すべきだ」としている。

米カーネギーメロン大学などの調査によると、頻繁なパスワー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]