/

この記事は会員限定です

英ロ首脳ら租税回避に関与か 各国が調査開始

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】各国の首脳や著名人がタックスヘイブン(租税回避地)を利用している実態を示す文書が暴露された問題で、米司法省など欧米各国の当局が相次ぎ、関与した人物の行為に違法性がないか調査に乗り出した。文書には欧州やアジアの首脳関係者らが含まれており、名指しされた政治家らは釈明に追われている。

文書はパナマの法律事務所から流出した。南ドイツ新聞が入手し、各国メディアで構成する「国際調査報道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン