/

北朝鮮幹部2人、日本に亡命希望か 官房長官は否定

(更新)

【ソウル=山田健一】韓国の中央日報は5日、中国・北京にある北朝鮮代表部に駐在する幹部2人が9月下旬、家族とともに日本への亡命を希望し、手続きを進めていると報じた。

報道によると、2人は中国の大使館に勤務する外交官ではなく、貿易や経済協力などの業務を担当する北朝鮮代表部に所属する。うち1人は金正恩(キム・ジョンウン)委員長と家族の専門医療施設を管轄する保健省1局出身。2人は親戚などがいる日本への亡命を希望しているという。

韓国大統領府報道官は同日、「報道が事実なら金正恩政権の最側近が脱北したことになるので注目している」とコメントした。対北朝鮮政策を担当する統一省の報道官は同日の記者会見で、「確認できない」と明言を避けた。

韓国の聯合ニュースは同日、北朝鮮からの亡命を希望する幹部は2人ではなく1人で、亡命希望先も日本ではなく韓国だと、消息筋の話として報じた。

菅義偉官房長官は5日午前の記者会見で、北京の北朝鮮代表部幹部が日本への亡命を求めたとの韓国・中央日報の報道について「報道のような事実はなく、日本への亡命を希望する北朝鮮人がいるとは承知していない」と述べた。北朝鮮関係者による日本の在外公館や政府機関への接触も否定した。外務省幹部も「報道は事実無根だ」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン