対北朝鮮「制裁強化、中国の関与カギ」 富士山会合閉幕

2016/6/5 20:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米の専門家らが国際問題を話し合う「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)で5日、朝鮮半島情勢に関する討論会が開かれた。米国のウェンディ・シャーマン前国務次官は核実験を繰り返す北朝鮮に対して「厳しく包括的な経済制裁が必要だ」と国際社会による制裁の強化を訴えるとともに、中国の関与がカギを握ると強調した。

4日に東京都内で始まった富士山会合は5日午後、閉幕した。シャーマン氏は北…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]