2019年2月19日(火)

国連、11月5日を「世界津波の日」に制定 日本が提案

2015/12/5 9:45
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連総会の第2委員会は4日、11月5日を「世界津波の日」に制定することを全会一致で決めた。東日本大震災で被害を受けた日本が提案した。津波による被害が国際的な共通課題であることを確認し、早期警報システムなどの対策や迅速な避難についての世界的な意識向上を目指す。

国連総会第2委員会の会合で発言する吉川元偉国連大使(4日、ニューヨークの国連本部)=共同

これを受けて安倍晋三首相は5日午前、「津波の脅威と対策について理解と関心を深める目的の決議採択は大変意義深い。我が国の防災の知見や経験を生かし、今後ともより強靱(きょうじん)な国際社会の構築に貢献する」とのメッセージを発表した。

「世界津波の日」は日本を含む142カ国が国連に共同提案した。津波の脅威に対する意識の向上を通じて、人命や物的損害を低減する狙いだ。11月5日は江戸時代に安政南海地震の津波を村民に知らせ人命の被害を減らした和歌山県の逸話にちなむ日本の「津波防災の日」だ。「迅速な行動が被害を減らす」という認識を日本発で世界に普及する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報