/

この記事は会員限定です

原子力安全条約の改定議論へ、既存原発の安全義務が焦点

[有料会員限定]

【ジュネーブ=原克彦】原子力安全条約の改定を議論する外交会議が9日、ウィーンで始まる。原子力発電所の安全策を強化する狙いだが、既存の原子炉にも新規原発と同様の厳しい安全策を義務付けるかで締約国の意見が割れている。賛成派の欧州勢に対し、米国は既存原発の維持・改修費がかさむのを理由に強く反対する。日本の交渉での消極的な姿勢に対する不満も出ている。

同条約はチェルノブイリ事故を受けて制定された国際条約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り819文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン