/

この記事は会員限定です

大統領選の「論功」色濃く 外交手腕は未知数

[有料会員限定]

【ワシントン=吉野直也】トランプ次期米大統領が次の駐日大使にウィリアム・ハガーティー氏を起用するのは、大統領選の論功行賞の色彩が濃い。民間コンサルティング会社時代に東京駐在の経験はあるものの、知日派とまでは言い難く、外交手腕は未知数だ。中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発など北東アジアの安全保障環境が激変するなか、日米同盟の深化へ課題は多い。

政権移行チームはニューヨークのトランプタワーを拠点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン