2019年1月23日(水)

米艦艇が越カムラン寄港 ベトナム戦争後初

2016/10/4 18:56
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=富山篤】米海軍第7艦隊は米艦艇2隻がベトナム南部の要衝、カムラン湾に2日に寄港したと発表した。1975年のベトナム戦争終結後初めて。南シナ海問題を巡る中国との対立が続くなか、米軍との連携を強化する。

寄港したのは潜水艦に補給する潜水母艦の「フランク・ケーブル」とミサイル駆逐艦の「ジョン・S・マケイン」。両海軍がダナンで毎年開いている交流行事のあとに寄港した。

カムラン湾は南沙(英語名スプラトリー)、西沙(同パラセル)の両諸島に約550キロメートルと近い南シナ海有数の要衝。4月には海上自衛隊の護衛艦2隻が初めて寄港した。5月にオバマ米大統領が訪越したとき、水面下でカムラン湾寄港を打診したもようで、年内の寄港は確実とみられていた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報