東南ア、訪日ブーム開花 桜の季節アピール

2017/4/14 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】中国に続き、東南アジアからの訪日客が増えている。桜シーズンの観光が特に多く、インドネシアやフィリピンからの1~2月の訪問者数は前年同期比で4~6割増えた。東南ア主要6カ国の同期間の訪問者数は37万人に上った。日本は官民で需要獲得に動く。インドネシアでは日本大使館が日本向け査証(ビザ)申請の専用窓口を設置したほか、JTBがチャーター機による観光ツアーの販売を始めた。中国人観光…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]