/

この記事は会員限定です

東南ア、訪日ブーム開花 桜の季節アピール

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】中国に続き、東南アジアからの訪日客が増えている。桜シーズンの観光が特に多く、インドネシアやフィリピンからの1~2月の訪問者数は前年同期比で4~6割増えた。東南ア主要6カ国の同期間の訪問者数は37万人に上った。日本は官民で需要獲得に動く。インドネシアでは日本大使館が日本向け査証(ビザ)申請の専用窓口を設置したほか、JTBがチャーター機による観光ツアーの販売を始めた。中国人観光客...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン