2019年2月19日(火)

韓国、竹島の避難施設建設中止 対日摩擦回避か

2014/11/5付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】韓国紙ソウル新聞は5日付の早版で、韓国政府が、日本と韓国が領有権を主張する島根県・竹島(韓国名・独島)で計画していた災害時などの避難施設の建設を中止、入札公告を取り消したと報じた。1日の関係閣僚会議で尹炳世外相が「(安倍政権を)刺激しかねない。日本との外交摩擦を避けるべきだ」との意見を出し、中止が決まったという。

来年の日韓国交正常化50周年に向けた関係改善などを念頭に判断した可能性がある。しかし計画は日本の領有権主張への対抗策として進められた経緯があり、同紙は「波紋が予想される」としている。

韓国国会は2014年予算で施設の建設費用を承認。計画では今月初めに業者を選定し年末に建設工事を開始、17年までに計100億ウォン(約10億円)を投じて2階建ての避難施設を完成させる予定だった。

しかし中止決定とともに、来年度予算に関連予算を計上しない方針も決め、対外的には「環境汚染の懸念などのため建設を保留する」と説明することにしたという。

韓国は既に、竹島に灯台やヘリポート、接岸施設などを建設している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報