2019年1月20日(日)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

アドマイヤラクティ急死 豪GI出走後に

2014/11/4付
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=高橋香織】オーストラリア・メルボルンのフレミントン競馬場で4日開催したメルボルンカップ(G1)で、日本のアドマイヤラクティ(牡6歳)がレース終了後に急死した。アドマイヤラクティは10月18日にオーストラリアで行われたコーフィールドカップで優勝したばかり。メルボルンカップの事前予想では優勝候補として高い人気を集めていた。

アドマイヤラクティはスタート後、トップ付近を快調に走っていたが、後半に失速し最終でゴールインした。厩舎に戻った後に倒れ、死亡が確認されたという。

レースはドイツのプロテクショニスト(牡5歳)が優勝した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第59回京成杯(14日・中山11R2000メートル芝12頭、G3)4番人気のラストドラフト(クリストフ・ルメール騎乗)が2分1秒2で優勝し、デビューから2連勝で重賞初勝利を挙げた。
 好スタートから2 …続き (14日 17:05)

 第66回日経新春杯(13日・京都11R2400メートル芝16頭、G2)1番人気のグローリーヴェイズ(M・デムーロ騎乗)が2分26秒2で優勝した。
 グローリーヴェイズは最後の直線で鋭く抜け出した。1/ …続き (13日 18:04)

 12日、中山競馬場で行われた第11レース、フェアリーステークス(G3)に出走したアマーティ(3歳牝馬、武井亮厩舎)が、16着で入線後に急性心不全を発症し、急死した。〔共同〕
…続き (12日 21:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]