16年の10大リスク、欧州問題が引き続き上位 米調査会社

2016/1/4 20:30
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】政治リスクの調査会社ユーラシア・グループは4日、2016年の世界の「十大リスク」を発表した。首位は「同盟の空洞化」で大西洋を挟んだ欧米の同盟関係が弱まり、世界の安全保障システムが揺らぐ可能性を指摘した。2位には欧州の閉鎖性、3位にはアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立で影響力を増す中国を挙げた。

国際政治学者のイアン・ブレマー氏が率いる同社が毎年発表する予想は、市場関係者の注目度が高いことで知られる。15年は「欧州の政治」を最大のリスクと予想。実際に15年にはギリシャの債務危機、テロや移民問題が起き、欧州の政情は不安定だった。

16年も引き続き欧州がリスクの火種とみる。「米国の単独主義と欧州の弱まりで(従来の)同盟関係が損なわれる」と指摘。ウクライナやシリアへの対応に開きが出てくる一方、英国は中国、フランスはロシア、ドイツはトルコと関係を深める可能性があるという。

欧州では過激派組織「イスラム国」(IS)への恐怖から各国の閉鎖性が高まり、欧州26カ国を国境検査なしで移動できる「シェンゲン協定」が崩れる恐れがあると予想した。

ISについては「イラクとシリアを超えて拡大し、新たなテロの脅威は高まり続ける」との懸念を示した。16年はIT(情報技術)関係者が政治的な発言力を増し、国の政策に影響を及ぼすとも予測した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]