生殖目的のゲノム編集「使用禁止を」 米英中の科学者団体

2015/12/4 10:38
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】生物の遺伝子を自在に操作できる新技術「ゲノム編集」の安全性や倫理問題を巡り、米英と中国の科学アカデミーは3日、ワシントンで3日間の日程で開いた国際サミットを終え、声明を発表した。ゲノム編集したヒト受精卵や生殖細胞を生殖目的で「使用すべきではない」と訴えた。

ゲノム編集は従来の遺伝子組み換えよりも非常に短時間で正確な遺伝子改変ができる。病気の治療などに大きな効果が期待できる…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]