/

グーグル、FCAと提携 自動運転の実験車を開発

【シリコンバレー=小川義也】米グーグルの持ち株会社アルファベットが自動運転車の開発で、欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との提携を決めた。実験車両の共同開発にとどまるとはいえ、完成車メーカーとの提携は生産能力を持たないグーグルにとって欠かせない条件の一つ。2009年にスタートした自動運転車の開発プロジェクトは、事業化に向けまた一歩前進する。

FCAはミニバンの「パシフィカ」をグーグルに提供する(FCA提供)

グーグルが自動運転車の開発で、完成車メーカーと提携するのは初めて。ただFCAとの提携は独占的なものではなく、他の自動車メーカーと提携する可能性もある。

両社が3日発表した提携内容によると、FCAは年内にクライスラーの最新型ハイブリッドミニバン「パシフィカ」100台を提供。自動運転システムを搭載するために必要な車両の改造にも協力する。

グーグルは現在、市販されているトヨタ自動車の「レクサスRX450h」を自ら改造した実験車両と、自社設計した2人乗りのプロトタイプ合計70台を保有。米国の4都市で累計150万マイル(約240万キロ)の公道走行実験を重ねてきた。

FCAとの提携で実験車両の数を一気に2倍以上に増やす。グーグルの自動運転車開発プロジェクトを率いるジョン・クラフチック氏は「FCAの技術者と密接に連携することで、完全自動運転車の開発に向けた取り組みを加速する」と語る。

今回の提携が自動運転車の量産を視野に入れたものかどうかについては、両社ともコメントしていない。ただ、グーグルはかねて「自社で生産するつもりはない」と公言している。実験車両の共同開発がうまくいけば、FCAとの提携を市販車の開発・生産に拡大する可能性はある。

グーグルは20年前後を見込む自動運転車の実用化をにらみ、環境整備にも乗り出している。先月26日には米フォード・モーター、米ウーバーテクノロジーズなど4社と自動運転車の普及団体を設立。米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)の前局長を顧問に迎え、規制当局に全米共通の安全基準作りを働きかけている。FCAが同団体に加わり、歩調を合わせる可能性もありそうだ。

自動運転の技術開発でFCAは目立たない存在だった。技術力が乏しいからこそグーグルと組みやすかったともいえる。

ゼネラル・モーターズ(GM)やトヨタ自動車などは今のところ、グーグルとは一定の距離を置く。ただ自動運転車開発レースで"大穴"ともいえるFCAがグーグルと組み一気にトップランナーに躍り出ると、各社も対応策を打ち出さざるを得なくなりそうだ。FCAの動きが「呼び水」となりグーグルと組む動きが広がるかが今後の注目点だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン