韓国揺るがすロッテ内紛 財閥の世襲経営に批判

2015/8/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロッテグループ創業一族の内紛が表面化したのをきっかけに、韓国で財閥批判が再燃している。韓国経済のけん引役とみる肯定論はかき消され、世襲が企業価値を低下させる負の側面が強調されてきた。株主や社員、取引先などステークホルダー(利害関係者)を置き去りにした創業者一族による内輪の経営は限界を迎えている。

ソウル中心部にあるロッテホテルの34階。創業者の重光武雄(辛格浩=シン・ギョクホ)氏の執務室は現在、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]