/

ハッキング、香港でビットコイン65億円盗難

ドル建て取引所最大手

【香港=粟井康夫】香港を拠点とする仮想通貨取引所、ビットフィネックスは、3日までに顧客口座からビットコインがハッキングによって盗まれたと発表した。被害額は合計で約6500万ドル(約65億円)相当。発表を受けて、ビットコインの対ドル相場は一時、20%以上急落した。

ビットフィネックスはドル建てのビットコイン取引所としては最大手。同社は取引を全面停止し、捜査当局と協力して被害を受けた顧客口座の特定や原因究明を急いでいる。外部からの不正侵入か内部の犯行かは現時点で不明。取引の再開時期は未定だ。

ビットコインを巡っては2014年にMTGOX(東京・渋谷)が運営する取引所、マウントゴックスで約500億円相当のビットコインや顧客からの預かり金が消失する事件が発生した。後にフランス国籍の社長が犯行に関与した容疑で逮捕された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン