2019年1月17日(木)

アジア開銀、ヤンゴンで都市づくり助言 民間資金活用

2017/3/6 11:45
保存
共有
印刷
その他

【マニラ=遠藤淳】アジア開発銀行(ADB)はミャンマーの最大都市ヤンゴンで、民間資金を活用した都市基盤整備について助言業務を行うと発表した。都市開発をはじめインフラ全般の計画立案や事業者選定などを一手に引き受ける。経済成長が著しいヤンゴンの都市づくりを支援する。

3日にヤンゴン管区のピョー・ミン・テイン首相と助言業務に関する契約に調印した。ADBはヤンゴンの都市交通や上下水道の整備、宅地開発、歴史的建造物の保存などで民間資金を活用した事業計画を立案し、事業化まで一貫して助言する。民間資金を活用して財政負担を減らし、早期に整備が進むようにする。

ADBは2月、ミャンマー全土の交通インフラの整備に関して、政策策定から事業化まで助言することで同国政府と合意した。総事業規模は5兆円程度に上る見通し。ヤンゴンでは交通インフラだけではなく、都市づくりに関わる様々なインフラが助言対象となり、総事業規模は数兆円になりそうだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報