/

死者5300人超、ウクライナ戦火拡大を懸念 国連人権高等弁務官

【ジュネーブ=共同】国連のゼイド人権高等弁務官は3日の声明で、ウクライナ東部での戦火の拡大に懸念を表明、住民の保護を最優先させるべきだとして、政府、親ロシア派の双方に拡大を食い止めるよう促した。

声明によると、ウクライナ東部では昨年4月中旬からの死者数が5358人に上り、2月1日までの3週間で少なくとも224人の住民が死亡、545人が負傷した。ゼイド氏は「ドネツク、ルガンスク両州では市場や学校、病院などが戦場と化しており、明らかな国際人道法違反だ」と非難した。

その上で「国際人道法や国際人権法の違反行為については徹底的に調査し、加害者を早急に裁くべきだ」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン