ブラジルGDP、15年は実質3.8%減 6年ぶりマイナス

2016/3/4 0:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=宮本英威】ブラジル地理統計院が3日発表した2015年の実質国内総生産(GDP)は前年比で3.8%減となった。マイナス成長は6年ぶり。1990年(4.3%)以来の大幅なマイナスだ。資源安が続いて投資が低迷し、雇用悪化やインフレで消費が振るわなかった。回復の兆しはなく、16年は85年ぶりに2年連続でマイナス成長に沈む懸念が強まっている。

ブラジルのマイナス成長は、かつて世界経済のけん引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]