/

この記事は会員限定です

ウクライナで親ロ派攻勢 支配地域拡大、譲歩促す狙いか

[有料会員限定]

【モスクワ=田中孝幸】ウクライナ東部で親ロシア派武装勢力が親欧米派の政府軍に対する攻勢を強めている。年明けから支配地域を広げ、南部の交通の要衝マリウポリもうかがう勢いをみせる。親ロ派への支援を続けるロシアのプーチン政権には優勢な戦況をテコにウクライナ側に譲歩を促す狙いがあるとみられるが、同国のポロシェンコ政権は態度を硬化させており、情勢は悪化の一途をたどっている。

東部では3日も各地で政府軍と親...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン