インド中銀、通貨安競争に警戒感 追加緩和見送り

2015/2/3付
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=堀田隆文】インド準備銀行(中央銀行)は3日開いた政策決定会合で政策金利を7.75%で据え置いた。1月15日の緊急利下げ後で初の会合では追加利下げを見送った形だ。準備銀のラジャン総裁は3日、世界的な金融緩和の動きは「リスクになり得る」と述べ、通貨安競争の加速で自国通貨が急上昇しかねないとの懸念も示した。

インド通貨ルピーは現在、1米ドル=61ルピー台。ラジャン氏は現状を「快適な水準」と…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]