/

この記事は会員限定です

中国、最低賃金を3年連続で凍結 全土に抑制の波

[有料会員限定]

【北京=中村裕】中国の製造業の間で、賃金を抑制する動きが強まってきた。最も製造業が盛んな広東省は2017年、最低賃金の引き上げを15年から3年連続で見送ることを正式に決めた。3年連続の賃金凍結は、中国経済の改革開放が本格化し、高い経済成長が実現する起点となった1992年以降、初となる。最低賃金の抑制は全国にも波及し始め、右肩上がりで賃金上昇が続いた中国の製造業は大きな転換期を迎える。

広東省は、最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン