イランガス田、米抜き開発 仏中と、5400億円規模

2017/7/3 23:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】中東の有力資源国であるイランは3日、ペルシャ湾の沖合にある世界最大級の「南パルスガス田」の開発で、仏トタル、中国石油天然気集団(CNPC)と最終合意した。総事業費は48億ドル(約5400億円)。2015年の核合意でイランへの経済制裁が解除されて以降、外資が大規模な資源開発に参画するのは初めて。米トランプ政権がイラン敵視に傾くなか、米企業抜きで資源の開発が本格化する。

南パルス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]