/

この記事は会員限定です

北朝鮮、中国を名指し批判 「親善の伝統を抹殺」

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、中国が米国に同調し北朝鮮に圧力をかけているとし「親善の伝統を抹殺しようとする容認できない妄動だ」「長い伝統を持つ隣国への露骨な威嚇だ」と強く非難する論評を伝えた。北朝鮮の国営メディアが中国を名指しで批判するのは異例。

個人名義の論評としているが、北朝鮮が核開発をめぐる中国の対応に激しく反発している実態が浮き彫りになった。

論評は、中国が北朝鮮の核問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン