/

ウクライナ東部の原発1基停止

【モスクワ=共同】ウクライナのヤツェニュク首相は3日、東部のザポロジェ原発で原子炉1基が「事故」のため停止しており、一部地域への電力供給が滞っていることを明らかにした。インタファクス通信が伝えた。放射性物質の拡散はない。

11月28日に3号機が停止した。電気系統の故障が原因とみられる。5日にも復旧の見通し。同原発は旧ソ連時代に建設され、6基の軽水炉がある。

ウクライナでは4カ所で原発が稼働し、核燃料をロシアに依存している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン