/

米フェイスブックがパリに人工知能の研究拠点

【シリコンバレー=小川義也】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは2日、フランスのパリに人工知能(AI)の研究拠点を開いたと発表した。AIの研究拠点としては、本社を置くシリコンバレーとニューヨークに続き3カ所目で、米国以外では初めて。画像認識や音声認識、自然言語処理などの分野の研究に取り組む。

パリに新たな拠点を置く理由について、フェイスブックは「フランスには(AI分野で)世界有数の研究者が集まっているため」と説明した。今後、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)と共同研究などに取り組むほか、欧州の他の国の研究者とも連携する方針。

フェイスブックは2013年12月にAI研究所を設立。「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる研究分野の第一人者の一人で、ニューヨーク大学教授のヤン・ルカン氏をトップに招いた。フランスはルカン氏の出身国でもある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン