2019年1月22日(火)

中国空母「遼寧」、南シナ海で初の発着訓練

2017/1/4 0:56
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国国防省は2日、空母「遼寧」が南シナ海で初の艦載機の発着訓練を行ったと発表した。戦闘機「殲15」やヘリコプターを甲板から発着させ、戦闘訓練や空中給油を実施。国営中央テレビは「米軍の空母が南シナ海を独占してきた状況は終わりを告げた」と強調した。

訓練の具体的な海域は明らかにしていない。駆逐艦などを伴う艦隊で航行した。対中強硬姿勢が目立つトランプ次期米政権が20日に発足するのを控え、軍事力を誇示し南シナ海の主権や海洋権益で譲らない姿勢をアピールする狙いとみられる。

遼寧は2016年末に東シナ海から西太平洋を通って南シナ海に入り、海南島の基地に到着していた。遼寧が南シナ海で訓練するのは13年以来。本格的な訓練は今回が初めてとみられる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報