2018年7月16日(月)

2大排出国の思惑一致 米中、パリ協定批准

2016/9/4 1:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ワシントン=川合智之】世界の温暖化ガスの二大排出国である米国と中国が2020年以降の温暖化対策「パリ協定」の同時批准に動き、同協定は発効へ大きく前進した。政権の遺産(レガシー)として同協定の年内発効を急ぐオバマ米大統領と、米中協力という成果を得たい習近平国家主席の思惑が一致した。

 米中だけで世界の温暖化ガス排出量の約4割を占める。パリ協定は批准国の排出量が全体の55%となることなどを発効の条件…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報