米国連大使、ロシアを非難 ウクライナ戦闘激化で

2017/2/3 11:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】米国のヘイリー国連大使は2日、安全保障理事会でウクライナ東部での戦闘激化について「ロシアの攻撃的な行動を非難しなければならない」と述べた。トランプ大統領とロシアのプーチン大統領は1月28日の電話協議で関係改善で一致していたが、米新政権の幹部がロシアを批判するのは発足後初めて。

1月末に就任したヘイリー氏は、国連大使として公式に声明を述べる初めての安保理会合で「我々はロシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]