/

カナダ総選挙、10月19日に ハーパー首相が下院解散

【ニューヨーク=共同】カナダのハーパー首相は2日、ジョンストン総督から承認を受け下院を解散した。10月19日に総選挙が実施される。

親米路線のハーパー保守党政権は2006年の総選挙で中道左派の自由党政権を破って成立。11年の総選挙で議席を伸ばし、現在は定数308の下院で159議席と単独過半数を維持している。

カナダからの報道によると、総選挙ではハーパー政権の経済政策などが争点になる。世論調査では保守党の過半数維持は難しい情勢。最大野党で社会民主主義を掲げる新民主党(95議席)がどこまで議席を伸ばすかにも注目が集まっている。

カナダ下院の定数は11年に国勢調査結果などを基に見直され、15年の総選挙から30議席増えて338となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン