世界の航空業界、最高益へ 16年最終益12%増予想

2016/6/3 9:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ダブリン=原克彦】国際航空運送協会(IATA)は2日、世界の航空業界の2016年の最終利益が前年より12%増え過去最高の394億ドル(約4兆3千億円)に達するとの予想をまとめた。世界の旅行需要が堅調に推移するほか、燃料費も低くとどまるため。ただ、北米の会社が高い利益率を確保する一方で中南米は苦戦が目立つなど、地域間の差は顕著になっている。

16年の最終益の規模は燃料費の見通しを下げたのに対応し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]