/

この記事は会員限定です

タイ鉄道、住商など3社連合が1150億円で受注

車両や信号

[有料会員限定]

【バンコク=京塚環】タイのバンコク近郊の都市鉄道を住友商事、日立製作所、三菱重工業の3社連合が受注することが2日、分かった。受注総額は320億バーツ(約1150億円)強で、信号システムや車両を納める。アジアの都市鉄道分野で日本の企業連合による最大級の受注案件で、官民挙げてのインフラ輸出に弾みがつきそうだ。

タイのプラジン運輸相が2日、日本経済新聞に対して明らかにした。対象路線は「レッドライン」と呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン