/

この記事は会員限定です

上海株下落、習指導部に動揺 先手の利下げ不発

[有料会員限定]

【北京=永井央紀】中国は先週末、株式相場の急落を受けて昨秋から数えて4度目の利下げに踏み切ったばかりだった。株価下落が社会不安につながらないよう先手を打った。それにもかかわらず株価下落の動きが政策効果を上回ったことに、習近平指導部には動揺が走っている。

昨年来の中国の株高を支えていたのは主に若い個人投資家だ。不動産価格は調整局面が続いている。これまでの投資機会に参加できなかった若い一般庶民にとって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン