2019年1月21日(月)

ソマリアでPKO基地襲撃、50人死亡か

2015/9/2付
保存
共有
印刷
その他

【ナイロビ=共同】ソマリアの首都モガディシオ郊外で1日、イスラム過激派アルシャバーブの武装集団がアフリカ連合(AU)の平和維持活動(PKO)部隊の基地を襲撃し、一時的に制圧した。フランス公共ラジオは2日、欧米の軍当局者の話として、AU部隊の兵士50人以上が死亡し、約50人が行方不明になったと推定されると伝えた。

AU部隊の被害としては過去最悪の規模。モガディシオから南西約80キロにある基地はウガンダ軍の拠点だった。車爆弾が爆発した後、約200人の武装集団が銃撃戦の末に基地を掌握。AU部隊はその後、基地を奪還したが、アルシャバーブの報道官は「基地にある兵器をすべて略奪した」と主張した。

アルシャバーブはAU部隊の攻勢や米軍の空爆で弱体化したと指摘されるが、モガディシオなどでテロ攻撃を継続している。4月にケニア東部の大学が襲撃され、148人が死亡した事件でも犯行声明を出した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報