/

グーグルCEO、中国再参入に意欲 時期は明示せず

【ロサンゼルス=小川義也】米グーグルのスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は1日、2010年に撤退した中国本土での検索など主力事業について「中国に(再び)参入し、中国の利用者にサービスを提供したい」と述べた。ただし、時期や条件については明言を避けた。

ロサンゼルス郊外で開かれた米有力IT(情報技術)ニュースサイト「リコード」主催のイベントで述べた。

グーグルは中国政府によるインターネット検閲に反発し、10年春に同国本土での検索サービスから撤退。同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットは広く使われているものの、検索やコンテンツ配信サービスなどは利用できない。

ピチャイ氏は「もし正しく、よく考えられた方法で再参入できるなら、我々は常にオープンな姿勢で臨んでいる」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン