渋滞時の自動走行 日産・ゴーン社長「16年には可能」

2015/3/2付
保存
共有
印刷
その他

【バルセロナ=黄田和宏】日産自動車のカルロス・ゴーン社長は2日、モバイル・ワールド・コングレスで講演し、無線通信技術を活用した自動運転の可能性について「2016年には渋滞時の自動走行が可能になる」との見通しを示した。18年には高速道路での走行が実現し、車線の変更も可能になるという。20年には、市街地の一般道でも走行できるようになるとみている。

より難易…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]