/

豪首相、ナイトの爵位廃止 前首相の復活決定覆す

【シドニー=高橋香織】オーストラリアのターンブル首相は2日、アボット前首相が2014年3月に復活させたナイトの爵位を廃止すると発表した。1年半と短い期間での廃止となった背景には、共和制を支持するターンブル氏の意向があるとみられる。同氏は「ナイトは時代錯誤で15年の豪州にふさわしくない」と述べた。

アボット氏は今年1月、英女王の夫フィリップ殿下にナイトの爵位を授与すると発表し、国民の反発を招いた。アボット氏が英国女王を元首とする立憲君主制を支持する一方、ターンブル氏は共和制への移行を訴え、この問題で両者は長年の対立関係にあった。

ターンブル氏は9月の党内政変で首相に就任した。巧みな弁舌で国民に人気が高く、現地紙の世論調査によると与党支持率はアボット政権時代の46%から52%に上昇している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン