/

NATOがロシア非難 ウクライナ問題、追加制裁協議も

【ブリュッセル=御調昌邦】北大西洋条約機構(NATO)は2日、ブリュッセルの本部で外相理事会を開催した。非加盟国のウクライナを交えた会合後に共同声明を発表し、ロシアがウクライナ東部に戦車などを供給していることや編入したクリミアで軍備増強を図っていることを非難した。ロイター通信は同日、ケリー米国務長官が今週中に欧州の関係者とロシアへの追加制裁について協議すると報じた。

ストルテンベルグ事務総長は2日の記者会見で「欧米などの経済制裁を支持している。ロシアが国際法を犯した結果だ」と述べた。欧州連合(EU)のトゥスク大統領は1日、オバマ米大統領と電話会談し、ロシアへの追加制裁などで緊密に連携することを確認した。

ストルテンベルグ氏はウクライナ政府がNATOに加盟する方針を掲げていることについて「加盟国になる扉は開かれている」と説明した。NATO内にはウクライナの加盟はロシアを刺激すると慎重な意見もある。

NATO外相理事会では、ロシアを念頭に置いた即応部隊を来年の早い時期から暫定運用することや、2015年以降のアフガニスタンでの訓練部隊の展開について協議する。NATOはこれまでの戦闘部隊に代わり、15年以降は1万2千人規模の訓練部隊を駐留させる方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン